Welcome to my blog

この手の中の恋の一片を

BL作家*四ノ宮慶の商業活動等をお知らせするブログです。

 『きみ、うた、そして幸福』本日発売です。


きみ、うた、そして幸福 (花丸文庫BLACK シ)きみ、うた、そして幸福 (花丸文庫BLACK シ)
(2012/07/20)
四ノ宮慶

商品詳細を見る


花丸文庫BLACKより『きみ、うた、そして幸福』が本日発売となりました。
書店などでお見かけの際は、ぜひ、手にとってご覧下さい。
そして、少しでも楽しんで頂けましたら、ご感想など聞かせて頂けるととても嬉しいです。



以下、あらすじより。
「どうしたの、アンタ。今にも死にそうな顔して」
秋の前に現われた青年からは恋人と同じ甘い煙草の香りがした  
施設で育ち苦労して内科医となった秋は、恋人を失ったのと同時に職も住処もなくし途方に暮れていた。
街に佇む秋に声をかけてきた純也に誘われるままに入ったバーでの見慣れないカクテルを飲んだ秋は、懐かしい甘い煙草の香りに誘われるように純也と唇を重ね、悲しく辛い現実から逃れるように、そのまま身体をも重ねてしまう。
「どうせ部屋も余ってる」という純也と、帰る場所のない秋は同居生活を始めるが……?!



事故で恋人を失った内科医と、その恋人と同じ泣き黒子を持つ謎の青年のお話です。
商業作品6作目、いろいろ想いも苦労も詰まったお話です。
(その辺の事情はあとがきをご覧下さい)
大好きな年の差設定で年下攻め。少し痛くて切なくて、けれど最後にはあったかい幸せが待っている。
これまでの商業作の中でも、より私らしいカラーのお話しになったと思います。
書店様などでお見かけの際は、ぜひ、お買い上げ頂ければ幸いです。
そして宜しければご感想等、編集部宛にお送り下さい。



ついでに番外編同人誌のお知らせ(Θ´∀`)ゞテレテレ〜☆

8/12の夏コミで『きみ、うた、そして幸福』の番外編同人誌を販売します。
コミコミスタジオ様では事前予約も受け付けて頂いていますので、どうぞよろしくお願いします。
本編と合わせて読んで頂けると、よりこのお話の世界観などを楽しんでいただけるのではないかと思っています。
時間のない中、本編に盛り込めなかったエピソードなどを書き連ねましたので、どうぞよろしくお願いします。
詳細はリンクから同人誌情報、またはサイトの『OFFLINE』をご覧下さい。


スポンサーサイト