FC2ブログ
flower border

この手の中の恋の一片を

BL作家*四ノ宮慶のブログです。新作情報、同人活動等をお知らせしています。

『龍神様と愛しのハニードロップ』 発売と特典、タグ企画のお知らせ

Category仕事情報
  •  closed
  •  closed
10月10日にクロスノベルス様より『龍神様と愛しのハニードロップ』が発売になります。
イラストは小山田あみ先生です。

top-s_20201010044423219.jpg

以下、あらすじより。
【お前が欲しい、というこの気持ちは一体なんだ】
 ~龍神様、地上にて初めての恋に出会う❤️~
「お前の精気はひどく甘いな。生贄の素質がある」
龍神の蘇芳に気に入られ、眷属の金魚たちとともにお世話をすることになった八千穂。
我儘な蘇芳だが、その優しさは八千穂を癒やすものばかり。疲れきっていた心が甘く蕩かされていく。
だが、八千穂が蔵元を継いだ龍之川酒造の湧水は、かつて龍王が授けた鱗によるものらしく、
蘇芳はその鱗を持ち帰らねばならないという。鱗が見つからなければ八千穂が代わりに生贄になるしかなくて!?


★特典のお知らせ★
*協力書店様:書き下ろしSSペーパー
配布書店様はクロスノベルス様公式サイトやTwitterにてご確認ください。
*コミコミスタジオ様:書き下ろし小冊子
*コミコミスタジオ様有償特典:アクリルコースター(数量限定)
*Amazon様:書き下ろしSSペーパー
※各特典の配布方法等はクロスノベルス様公式、または各書店様にてお確かめください。

*ツイッタータグリスイン企画参加募集!
今回もタグ付きツイートでのご感想をお待ちしております! 
是非「#龍神様と愛しのハニードロップ #四ノ宮慶」のいずれかのタグ付きでご感想をツイートしてください。
後日、リスト限定お礼SSを複数篇プライベッターで公開します。
タグ企画にご参加くださった方のアカウントをリストに登録させていただきます!
当方をフォローいただく必要はありませんが、引用RTさせていただくこととモーメントにまとめさせていただくことをご理解ください。また、鍵垢の方はこちらから確認できないのでご注意ください。

また、pixivでお試し読みを公開しています。
クロスノベルス様の公式Twitterで公開されたものと内容は同じですが、まとめて一気に読んでいただけるので、ぜひご購入の参考にしていただければと思います。
『龍神様と愛しのハニードロ』お試し読み (別窓が開きます)


以下は、今作の創作秘話というか、こぼれ話というか、作品紹介というには長すぎるつれづれ語りなので、お時間のある方飲みお付き合いくださいね。

さて、実に1年と3ヶ月ぶりの新作でございます……てへ💦
長くしんどい道程でしたが、担当さんやイラストを担当していただいた小山田先生、そして家族や友人に助けられて、どうにか2020年も商業作を出すことができました。
何よりも、待っていてくださる読者様の存在が、頑張りの源でした。もう本当に感謝しかありません。

今回のお話は、大好きなお酒……それも酒蔵を舞台にした現代ファンタジーです。
あとがきなどにも書いたのですが、このお話のネタというプロット自体はもう何年も前にできていて、長らく形になることがなかったのですが、それをクロスノベルスの担当さんに拾っていただき、こうして世に出すことができたという次第です。
もともとのネタにあったちょっと重くてシリアスな成分はほぼなくなって(それなりにシリアスな展開があるにはあります)、切なさが漂うあったかいお話に仕上がりました。

今作の主人公は、江戸時代から続く実家の酒蔵を継いだ、大学を卒業したばかりの青年・八千穂です。平々凡々とした八千穂ですが、酒造りへの情熱は人一倍で、お酒も大好き。お酒のことになるとふだんのおとなしさが嘘みたいに、饒舌になったりします。そして何よりも、彼は味覚がとても優れていて、そのため舌が……。
あ、これ以上はちょっとネタバレになるので、そこについては本編にてお確かめくださいね。
攻めの蘇芳は、龍神様です。このお話の世界では、龍神様は天界を統べる龍王の子という設定。蘇芳はその龍神の一人で、実は異端の存在。そんな彼がどうして地上に降りてきて、八千穂の前に現れたのか……。偉そうで我儘に振舞う蘇芳の、隠された本心とは……。俺様だけどちょっぴり可愛い……神様なのにどことなく親近感を覚える。蘇芳はそんな攻めです。
そして、今回のお話をいい具合にほっこりさせてくれる、二匹の金魚たち。Twitterのカウントダウンでも呟きましたが、もともと蘇芳の眷属は蛇にする予定だったんですが、なんとなく違和感を感じて赤いリュウキンと黒デメキンになりました。おしゃまでしっかり者の紅と、ぽっちゃりおっとりさんのクロ。愛らしくて健気な二人(二匹?)にも、ぜひ注目してくださいね。
攻めの龍神の蘇芳の秘めた献身とか、主人公・八千穂の成長、そして金魚たちの癒しなどが、少しでも読んでくださった方の胸に響いたら嬉しいです。

そして今回も、小山田先生のイラストが本当に素晴らしくて、私が想像していたとおり……いやそれ以上に世界観をしっかり表現してくださっていて、感動必至です!
蘇芳がね、本当に美しいんです。めっちゃかっこいいんです。あと、金魚たちが可愛い!!!!
整った顔立ちだけど平凡オーラを醸し出す八千穂の、エッチな表情とかマジで堪らんですからっっっっっっ!!!!!!

あ、そうそう!
大事な大事なエロですが。
今回は肌色は少ないんですけどね、着衣エロが多いんですけどね、でも個人的にちょっとニッチな萌えとか、言葉責め(無自覚)とか無自覚に誘う受けとか、はじめての×××に大興奮とか……まあ、しっかりその辺は書かせていただきました。
エロもしっかり楽しんでいただけたら、BL作家としては本望です。はい。

さてさて。
実は今作も初稿でめっちゃ枚数制限をオーバーしちゃいましてね。
ええ、どれくらいかってぇと……90枚以上。
100はいかなかった。さすがに……。
これには自分でもかなり凹みまして、物書きとしてどうなのか……と……。
で、担当さんとしっかり改稿の相談をして、あれこれアドバイスをいただいて、どうにか制限内にまとまった次第です。
改稿データを読んだ担当さんから届いたメールの返信。冒頭の一文が今でも忘れられません……。
『原稿、すごく良くなってます! びっくり!(すみません。でも本当にすごくいいです)』
……初稿、どんだけひどかったんや……という話ですよ、ええ。
前回のバンビちゃんも大変だったんですが、今回はまあプライベートでもいろいろあって、かつてない難産だったんですが、このメールをきっかけに、どんどんお話がよくなっていきました。
担当さんと一緒に作り上げたお話です。
イラストレーターの小山田先生にも、いつにも増してお力添えをいただきました。
クロスノベルス編集部やデザイナーさんなど、たくさんの方に助けていただいて、今日の発売日を迎えられたこと、本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

いつも、作品を世に出すとき、そのときの持てる力を精一杯に注ぎ込んで書いています。
それでも、発売日が近づくと落ち着かないし、読者さんの反応が気になるし、胃も痛いし何も手につかなくなります。
けっして売れっ子ではないですが、一人でも私の作品を待っていてくれる読者さんがいるかぎり、私なりの作品を届けていきたいと思っています。
今回のお話も、楽しんでもらえたら嬉しいです。
少しでも、どきどきしたり、しんみりしたり、ワクワクしたり……心に響くものがあることを祈っています。

四ノ宮慶25作目『龍神様と愛しのハニードロップ』は本日、10月10日発売です。
たくさんの方に読んでいただきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
Twitterでのリスイン企画にも、ぜひ、ご参加くださいね。

スポンサーサイト