Welcome to my blog

この手の中の恋の一片を

BL作家*四ノ宮慶の商業活動等をお知らせするブログです。

 J*GARDEN 33配布ペーパーSS

『きみ、うた、そして幸福』番外編SS

 島で暮らすようになってからの秋は、東京にいた頃よりも随分と健康的で、明るくなったように思う。出会った冬の日、冗談ではなく、本当に線路へと身を投げるのではないかと思ったほどの暗い影が、今はその美しい顔に微塵もない。
 少し痩せはしたが、雪のように白く透き通っていた肌は、今は日焼けして健康的だし、俯きがちだった視線は常に前を見つめ、口許が綻んでいるのがいい。
「正直、面白くないけどな」
 祖母の法事で東京の実家に帰省していた純也は、法事の後にこそりと抜け出し『Strawberry Fields』でグラスを傾けていた。
「どうしたの、純也。せっかく久し振りに顔を見せてくれたっていうのに、さっきから溜息ばかりじゃない」
 ママのローラーがポッチャリした頬をさらに丸く膨らませて睨む。
「別に……。しかし、相変わらず暇な店だな」
「なによぉ、秋さんが一緒じゃないからって、子供みたいに拗ねないの。それに心配しなくても、秋さんは向こうで毎日忙しいみたいよ、ほら」
「はぁ?」
 肉付きのいいふくよかな手が差し出したのは、最新機種が発売されたばかりのスマートフォンだ。相変わらず新しいものには目がないんだな……と思いつつ、向けられた液晶パネルに視線を落とす。
「おい、これってどういうことだよ」
 我ながら、みっともない声だとは思ったが、驚きに強がる余裕なんてなかった。
「さっきね、届いたの。秋さん、純也に飲みすぎないようにって」
 ママは嬉しそうに言って、秋が診療所の窓際で照れ臭そうに自撮りした写メに頬擦りする。
「ちょっとまてよ、ママ。さっき……って、秋とメールしてんのか?」
「うふふ♡ そうよ、秋さんが退院して挨拶に来てくれたでしょ? そのときにメアド交換したの」
「ったく、ちゃっかりしてんなぁ」
「やだぁ、どうして純也が怒るのよ。別にアタシと秋さんがメル友でもいいじゃない。それにしても、秋さん、すっかり健康美人になったわねぇ」
 離島の診療所に暮らす秋とは、ゆっくり会える日は限られている。本土で救命救急の仕事に携わる関係で、電話で話すことも少なく、互いの仕事を慮ってかメールも必要最低限。仕方のないことだし、当たり前だと思っていたのに、恋人でもないローラママとしょっちゅうやり取りしていると聞かされて、面白くない訳がない。

「秋さんってば、本当に律儀で面倒見がいいのよ。アタシが寝坊しそうなときにお願いすると、ちゃんとモーニングコールくれたりしてね。といっても、お昼過ぎなんだけどぉ」
「ふざけんなよ? 秋からモーンングコールだ? 俺だってそんなんしてもらったことないぞ!」
「やぁだ、純也ってば焼きもち? 男の嫉妬はみっともないわよぉ」
 ママがこれ見よがしに秋から送られてきた画像をつきつけるのに、我慢が限界に達する。
「ちょっとそれ、寄越せよ!」
 立ち上がって、ハムのような腕を捕まえると、スマフォを奪いにかかった。しかし、カンター越しというのと、ずらりと並んだリキュールの瓶に邪魔されて、呆気なく躱されてしまう。
「いやよ、これはアタシの大事な宝物なの。向こうに行ったきり、電話のひとつも寄越さない不義理な誰かさんなんかには、一枚だって見せてあげないわ」
 ママは唇を突き出して、スマフォを後ろ手に隠した。
「し、仕方ないだろっ! ずっと忙しくて、秋とだってママみたいにメールしてないんだ」
「そんなの分かってるわ。だいたい、アタシだって純也からモーニングコールもらっても嬉しくないし」
 スマフォを棚に置くと、ママは新しいグラスにラムを注いでくれた。
「さっきのは冗談よ。一度だけ、たまたま寝過ごしたところにメールをもらって起こされたことがあったの。やりとりだって数週間に一度くらい。それもほとんどが秋さんと……」
 小さなグラスを俺の前に置いて、ママはクスッと笑った。
「純也の近況ばっかり。世間話もあるけど、秋さんがメールくれるのは、純也と会った後とか、そういうときだけよ」
「……」
 決まりの悪さに、俺はグラスを一気に呷った。ストレートで飲むラムの、とろりとした舌触りと芳醇な香り、そして喉を灼く強烈なアルコールの熱に、目の前が一瞬赤くなる。
「純也の不義理を、秋さんがフォローしてくれてるのよ。わかった?」
「……だったら俺にメール寄越せばいいだろ」
「メアド変えて、知らせもしない相手に?」
「あ」
 赤くなった視界が、羞恥に揺らぐ。まったく、俺はあの頃とあまり変わっていないようで、口惜しい。
「それでも、こうして会いに来てくれたんだから許してあげるわ」
 優しいママの微笑みに、もうちょっと大人になれと、自分に言い聞かせた。

                         end 2012.10.8

スポンサーサイト