Welcome to my blog

この手の中の恋の一片を

BL作家*四ノ宮慶の商業活動等をお知らせするブログです。

 『銀の竜使いと藍のカナリア』発売&特典のお知らせ

アズ文庫様より『銀の竜使いと藍のカナリア』が発売になります。早いところでは29日頃から棚に並ぶそうです。書店などでお見かけの際は、ぜひ、お手にとっていただければ幸いです。

銀の竜使いと藍のカナリア (アズ文庫)銀の竜使いと藍のカナリア (アズ文庫)
(2015/03/29)
四ノ宮慶

商品詳細を見る

以下、あらすじより。
【存分にわたしを抱いてくださいませ】
帝国トニストニア。その都キトラの高級男娼館で春をひさぐシャオは、トニストニアによって陥落した小国チンファから連れてこられた奴隷だったが、なにより美しい藍鉄色の髪が評判を呼んでいた。ある日、竜兵団のシュタールが客としてやってきた。自分を抱くこともなく他愛ない話をして帰っていくこの美丈夫に、祖国を焼き尽くした仇なのに惹かれてしまうシャオ。だが同じ頃、チンファ再興を目論む仲間たちが動きはじめ……。


商業作でははじめてのファンタジーということで、表紙もどんなふうになるのかなぁとドキドキしていたのですが、ご覧のとおり、緒田先生がとてもすてきに描き上げてくださいました! お話の雰囲気がきちんと表現されていると思います。本文の挿絵もこれまたキレイで可愛くてカッコイイので、ぜひ是非お手にとってお確かめください。
内容の方は、今までの商業作とはガラリと方向転換した感じになっているのではないかな、と。
何度も繰り返しますが初ファンタジーなので、読者様がどう感じてくださるのか、まったく想像がつきません。
今までになく健気でかわいらしい主人公のシャオ。今までになくキラキラでカッコイイ攻めのシュタール。脇を固める人々もそれぞれ信念があったり、芯が強かったり。過去の私の傾向として繋がる部分があるとしたら、受けが前向きで一生懸命に頑張る……という点でしょうか。ハードで痛い、というお話ではないけれど、ちゃんと私らしさが詰まった作品になっていると思います。
皆さんに楽しんでもらえたらいいのですが、とにかく今は凄くドキドキしています。どうかよろしくお願いします。そして宜しければ、ご感想等お聞かせ下さい。(編集部宛てに送っていただけると嬉しいです)



★特典情報のお知らせ★
一部書店様にてご購入の特典がつきます。
*コミコミスタジオ様
 表紙イラストカード(Wサイン入り)&書き下ろしSSペーパー
*芳林堂書店グループ様
 口絵ブロマイド(Wサイン入り)&書き下ろしSSペーパー
※特典の配布方法などについては各書店様で異なる場合があります。またなくなり次第終了とのことですので、ご希望の方は是非お早めにお求めください。

スポンサーサイト